無機接着材を使用した剥落防止工法

株式会社シクソン

ABOUT

無機接着剤使用のコンクリート剥落防止工法 TSボンド40Sセミクリア

既存のコンクリート構造物の剥落防止・補強。無機なので燃えません。

適合

  • NETIS登録:無機接着剤使用の剥落防止工法 KT-160123-VR
  • 首都高速道路株式会社 剥落防止基準B種 適合

特徴

不燃

トンネル火災が発生しても燃焼せず有毒ガスの発生がない、橋梁等屋外に使用しても紫外線劣化がない

  • 不燃実証実験(社内)

    不燃実証実験(社内)

可視化対応

材料が透明のため、施工後もコンクリート面の状況が確認可能

短工期

  • 2~3時間で施工完了
  • 1液性でプライマー不要、品質の確保も容易

首都高速道路(株) 首都高速1号羽田線 試験施工

  • 首都高速道路(株) 首都高速1号羽田線 試験施工
  • 首都高速道路(株) 首都高速1号羽田線 試験施工

石川県 橋りょう補修(防災・安全)工事 (乙丸跨線橋その1)

  • 石川県 橋りょう補修(防災・安全)工事 (乙丸跨線橋その1)
  • 石川県 橋りょう補修(防災・安全)工事 (乙丸跨線橋その1)

施工フロー(例)

(事前施工)

01
下地処理
高圧洗浄機、サンダー等による表面の清掃及び脆弱部の除去。
02
断面修復
TSポリマー40Aをコテ塗りにて脆弱部除去ヶ所の断面修復を行う。
03
不陸整正
TSポリマー40Aをコテ塗りにて表面の不陸整正を行う。

(施工)

01
シート接着
施工面にTSボンド40Sセミクリアをローラー、刷毛にて塗布。
02
シート貼付け
TSボンド40Sセミクリア塗布面に、繊維シートをたるみの出ない様に貼り付け軽く押えつける。
03
シート押え用
ガラスメッシュシート貼付け面にTSボンド40Sセミクリアをローラー、刷毛にて塗布。
04
養生
標準的に施工完了後2週間を目安にする。

※1~4は一連の流れで施工可能

この工法で使用した製品

製品一覧

お問い合わせ

pagetop