製品

株式会社シクソン

TSシーラー

2017年11月28日

TSシーラー 浸透性常温硬化ガラス形成材

コンクリ―ト表面にTSシーラーを塗布・含浸し、表層部の組織を改質し、耐久性を向上させます。

 

特徴

  • コンクリート表面の外観を損ねることがなく、少ない工程でかつ短期間で施工可能
  • 経年後に再施工する場合、表面含浸材を再塗布するだけで
    TSシーラーは、本来多孔質材料であるコンクリートやモルタルその他のコンクリート製品の中に含浸し、 コンクリート内部におけるCa、Mg、Alイオンと反応し、コンクリート内部及び表面にガラス質を形成することで外部から侵入してくる雨水や塩分をシャットアウトします。

 

用途

  • 適用部位―コンクリート構造物
  • 適用下地―コンクリート、モルタル、PC板
  • 用途―水路、ダム、河川堰堤、擁壁、橋脚、その他コンクリート構造物

 

主な効果

  1. 耐磨耗性の向上:ガラス物質が形成されるため、表面硬度が硬くなり耐磨耗性の向上が図られます
  2. 防水性の向上:コンクリート劣化の大きな原因となる水分の浸入を相当量抑制します
  3. 中性化・劣化 防止:中性化現象の原因である水、炭酸ガス、酸化性ガス等の侵入を改質層が防ぎ、TSシーラーのもつ強アルカリで再生させる効果があります
  4. 耐候性向上・凍結塩害防止:耐候性が向上し紫外線による劣化を抑制します、塩害防止と凍結融解のサイクルによってできるクラックを防止します。またカビの発生も防げます。

 

TSポリマー40とTSシーラー併用で対摩耗性60%UP

使用している工法

 >>TSC水路補修工法

製品一覧

お問い合わせ

pagetop